un petit homme
http://unpetithomme.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
いよいよ明後日!
2014-06-29 Sun 23:04
演奏会当日!フランスバロックの世界に浸ってきます♪
スポンサーサイト
別窓 | Musique | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
きらめくフォルテピアノの音
2014-05-26 Mon 01:38
先日、日頃取り組んでいるクラシカル楽器を使った古典派アンサンブル「モーツァルティアーデ」の演奏会が終了しました。普通使われているグランドピアノの200年くらい前に使われていたフォルテピアノ、一体何が違うの?と思うかもしれませんが、前者が鉄筋コンクリートの建物だとすると、後者は味わい深い木造建築。当然木造の方が暖かい音色がする。 響きはグランドピアノは1000人くらい収容できる大ホールだとちょうど良いけれど、今回のような300人規模の小ホールだとやかましい。けどフォルテピアノだとちょうど良い。  ヴァイオリンとグランドピアノだとモーツァルトのソナタでは、ピアノパートは音量をコントロールしないとヴァイオリンが負けてしまうけど、フォルテピアノでと無理なく音が溶け合うのです。  このアプローチを始めて3年くらいになりますが、今後も続けて行きたいですね。   興味があったら聴きに来てください。
 P1030250a.jpg


別窓 | Musique | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
モダン楽器にガット・・その訳は~
2014-05-09 Fri 23:26
1877年製の円錐管ベームフルートを使って室内楽やるからなんですよ♪  そもそもバロック・クラシカル仕様のヴァイオリンがモダン仕様(バロックヴァイオリンのネックをカットして、楽器にかかる張力を増加させて、より輝かしく大きな音が出せるよう)に改造され始めたのは19世紀入ってしばらくしてからですが、スチール弦が使われるようになったのは20世紀入ってからなんですよ。まだまだ最近の話!  張り替えるとピチカートの響きがたまらなく心地よいんです♪ 
o.jpg

別窓 | Musique | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
芸術するには
2014-05-09 Fri 00:08
プロであってもアマチュア的純度が必要だと思うなあ。商業ベースとは関係なしに季節の移ろいや、和声の変化に癒されたり、3度の飯より音楽・・って事はありませんけどね(^_^;) ええ、食べるのも大好きですけど、同じくらい音楽も好きですけど、 現実の嫌な事も音楽が拭い去ってくれるような。  こういう事って世の中で売れる事とかお金を稼ぐ事とは全く関係ないんだけどね・・♪   でもこの部分があるから芸術を続けていられるとも思うんだ。
別窓 | Musique | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
モダンヴァイオリンを
2014-05-06 Tue 21:36
訳あってA&E線をガット弦に張り替えました♪  訳は近いうちにお話しますね!

2014050621070000.jpg

別窓 | Musique | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ~ヴァイオリンと日々のつぶやき~石川和彦ブログ | NEXT
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。