un petit homme
http://unpetithomme.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
遅咲きの天才
2012-12-05 Wed 00:31
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809)は交響曲の父と呼ばれている事がやたら有名だが、文献が本当に乏しい。同時代のモーツァルト、ベートーヴェンに比べて、乏しすぎる・・他の二人についていえば、「情熱的で華やか」で「女好き」で「目立つ旋律」がキャッチーな魅力と言えるのだが、ハイドンはそれの正反対。「理知的で理性的」「地味な(僕はそうは思わないが一般的に)旋律」「慎まやかな人生(ザルツブルグの司教に束縛された生活を振り切りウィーンでフリーで活動したモーツァルトに対し、ハイドンはハンガリーのエステルハージ家というパトロンのお抱え作曲家という地位を30年務めあげた)」といえるかも。こういう所がイマイチポピュラーにならないとこなのかなあ・・ 演奏する側としてはこれ以上ない楽しい曲ばかりなんだが。
スポンサーサイト

別窓 | Musique | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いよいよ | ~ヴァイオリンと日々のつぶやき~石川和彦ブログ | 11月23日>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ~ヴァイオリンと日々のつぶやき~石川和彦ブログ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。