un petit homme
http://unpetithomme.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
きらめくフォルテピアノの音
2014-05-26 Mon 01:38
先日、日頃取り組んでいるクラシカル楽器を使った古典派アンサンブル「モーツァルティアーデ」の演奏会が終了しました。普通使われているグランドピアノの200年くらい前に使われていたフォルテピアノ、一体何が違うの?と思うかもしれませんが、前者が鉄筋コンクリートの建物だとすると、後者は味わい深い木造建築。当然木造の方が暖かい音色がする。 響きはグランドピアノは1000人くらい収容できる大ホールだとちょうど良いけれど、今回のような300人規模の小ホールだとやかましい。けどフォルテピアノだとちょうど良い。  ヴァイオリンとグランドピアノだとモーツァルトのソナタでは、ピアノパートは音量をコントロールしないとヴァイオリンが負けてしまうけど、フォルテピアノでと無理なく音が溶け合うのです。  このアプローチを始めて3年くらいになりますが、今後も続けて行きたいですね。   興味があったら聴きに来てください。
 P1030250a.jpg

スポンサーサイト

別窓 | Musique | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ささやかな日常の | ~ヴァイオリンと日々のつぶやき~石川和彦ブログ | フェルメールにチャレンジ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ~ヴァイオリンと日々のつぶやき~石川和彦ブログ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。